20th 記念演奏会

■フリュ-ゲルから皆さんへご案内(1/14更新)

いよいよ 公演迫る!
2020年度フリューゲル創立25周年記念
混声合唱団フリュ-ゲル演奏会2019
【 フォ-レ  レクイエム 】 


詳細・お問い合わせはこちら→【フォ-レ レクイエム】

フォ-レ「レクイエム」              金井 誠
 レクイエムとは、死者が暗闇の中に取り残されないように、天国に入れます
ように、と祈るミサ曲です。
最後の審判、神の裁きが下る「怒りの日」は信仰者にとって計り知れない恐怖
だそうです。モ-ツアルト、ヴェルディはそれを雷鳴が轟き、稲妻が走るよう
な激しい音楽で表しました。
フォ-レは長らく教会でオルガンを弾いていました。そしてそこで嫌になるほど(フォ-レ自身の言葉です)ミサ曲を演奏していたので、自分は違ったものを書こうと思いました。それは、「恐怖の死」ではなく、「解放される喜びとしての死」を表すものでした。という理由からか、最初の稿には、先述した「怒りの日」は含まれていません。教会からの咎めもあってか、改定稿には第2曲オッフェルトリウム(Offertorium)と共に、第6曲としてリベラ・メ(Libera me)(既に書いていた、独立した曲ですが)を追加しました。その中に、「怒りの日」が含まれています。全体に穏やかで、親しみやすい旋律を有するこのレクイエムにあって、
短いとはいえ、劇的で死の恐怖(もしかすると教会の教えによる恐怖かも]しれません)を感じさせます。しかし、やはり終曲は天使に導かれて天国に入る、その幸福感に満ちた音楽で締めくくられます。
フォ-レの思い描いた風景を私たちも体験したい、そのためにただひたすら
正しい演奏を目指すのですね。正確な発語、音程、リズムを、正しい発声、それは美しい声で歌うということ。私たちのなすべきことです。
                   [フリュ-ゲル通信6月号]より転載

■フリューゲル@なう(11/25 更新)

◆作曲家 吉田桂子先生からみなさんへのワンポイン・アドヴァイス

◆【団員募集】しています。→チラシは 団員募集のページ

■フリューゲルについて

フリューゲルは、1995年八千代市で開催された「第九」を機に金井誠先生を擁し,
結成されました。これまで、第九、モ-ツアルト「レクイエム」、フォ-レ「レクイエム」など数々の宗教曲をオ-ケストラとともに歌ってまいりました。
結団19周年には、ヘンデル「メサイア」演奏会を公演致しました。団員の年齢も20~80代と幅広く、経験の有無もまちまちです。どなたでもお気軽に、見学がてら一度遊びにいらっしゃいませんか? 少しでも興味を持たれた方は
混声合唱団フリューゲル< flugelsince1995@gmail.com>までご連絡ください。
     練習日 :  毎週土曜日
     練習時間:   18:30分~21:00分(パート練習は18:00~18:30) 
     練習会場:   八千代台自治会館 3F
     入団金 :   一般1,000円  学生  500円
              *[フォ-レ レクイエム2019]に参加される場合は
                     別途参加費が必要となります。
     団費(月額) :   一般5,000円  学生2,500円

♪練習予定は変更される場合があります。練習日程・場所のページを ご覧くださ い。
♪見学をご希望の方は、お問い合せくださると幸いです。


■2017 年クリスマス
       コンサ-ト■

 ■20周年記念演奏会■

■メサイア演奏会
 2014 in やちよ■




リンク集
inserted by FC2 system