♪混声合唱団フリュ−ゲル フォ−レ レクイエム 2019

   
開催概要

     【 本  番 】 2019年 2月 11日(月祝)
     【 会  場 】 八千代市市民会館 大ホール
     【構 成(案)】   第一 部  フリュ−ゲル ステ−ジ
              第二 部  フォ−レ&メサジェ作曲 漁村のミサ
                                  第三 部  フォ−レ作曲 レクイエム

     【 指  揮 】   金井 誠
     【 オ-ケストラ  】   未  定
              【ソプラノ】  糸数 知  (プロフィ−ルはペ−ジ下部掲載)
     【バリトン】  小森 輝彦 (プロフィ−ルはペ−ジ下部掲載)
     【チケット】  自由席 2,000円
             指定席 3,000円
練習日程】

日   時 場   所
2018.04.28(土)18:00〜 八千代自治会館 3F 大ホ−ル
2018.05.12(土)18:00〜 八千代自治会館 3F 大ホ−ル 
2018.05.26(土)18:00〜  八千代自治会館 3F 大ホ−ル
2018.06.16(土)18:00〜  八千代自治会館 3F 大ホ−ル 
2018.06.23(土)18:00〜  八千代自治会館 3F 大ホ−ル 
2018.07.14(土)18:00〜   八千代自治会館 3F 大ホ−ル  
2018.07.28(土)18:00〜   東南公共センタ− 5F 大ホ−ル   *5/4変更更新
2018.08.11(土・祝)18:00〜   八千代自治会館 3F 大ホ−ル  
2018.08.25(土)18:00〜   八千代自治会館 3F 大ホ−ル  
2018.09. 8(土)18:00〜   八千代自治会館 3F 大ホ−ル  
2018.09.29(土)18:00〜   八千代自治会館 3F 大ホ−ル  
2018.10.13(土)18:00〜   八千代自治会館 3F 大ホ−ル  
2018.10.27(土)18:00〜   八千代自治会館 3F 大ホ−ル  
2018.11.10(土)18:00〜   八千代自治会館 3F 大ホ−ル  
2018.11.24(土)18:00〜  八千代自治会館 3F 大ホ−ル  
2018.12.  8(土)18:00〜   八千代自治会館 3F 大ホ−ル  
2018.12.22(土)18:00〜  八千代自治会館 3F 大ホ−ル  
2019.01.12(土) 八千代市民会館 大ホ−ル  オ−ケストラ合わせ 
2019.01.26(土) 八千代市民会館 大ホ−ル  オ−ケストラ合わせ  *参加必須
2019.02.09(土)  
2019.02.10(日) 八千代市民会館 大ホ−ル  リハ−サル *参加必須
2019.02.11(月・祝) 八千代市民会館 大ホ−ル  本番     *参加必須

      ■オーケストラ・ソリスト合わせ、前日リハーサル、本番の3回は全員参加
     【参 加 費 6,000 レッスン参加 1回 1,000(初回より徴収)
      希望者のみ 楽譜代 全音(1,400円)/音取りCD代(500円)

     【練習会場】   八千代台自治会館(京成八千代台駅西口徒歩2分)、他
     【お問い合わせ】 貫江(ぬきえ) 090−4123−1244

      申込みフォーム
 ←ここをクリックしてください

 

糸数 知(いとかず ちか) ソプラノ

沖縄県立芸術大学声楽専攻卒業、同大学大学院修了。
第3回長久手オペラ声楽コンクール入選。第12回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション入選。第5回東京国際声楽コンクール 一般の部第2位、関東地区大会・准本選 優秀賞受賞。第17回長江杯国際音楽コンクール 声楽部門 一般Aの部第1位、中華人民共和国駐大阪総領事賞受賞。第15回大阪国際音楽コンクール 声楽部門 Age-G オペラコース 第2位。第84回日本音楽コンクール入選。第53回日伊コンコルソ入選。等々、数多くのコンクールにおいて入賞。 
舞台において、モーツァルト作曲《フィガロの結婚》伯爵夫人、《魔笛》侍女1、中村透作曲《あちゃーあきぬ島》官女1、プッチーニ作曲《ラ・ボエーム》ミミ、マスカーニ作曲《ザネット》シルヴィア、メノッティ作曲《電話》ルーシー役でオペラ出演を果たし、ハイドン作曲《天地創造》、メンデルスゾン作曲《エリア》、ヘンデル作曲《メサイア》、フォーレ作曲《レクイエム》の宗教曲ソリストを務めるほか、ガラコンサートや室内楽コンサートなど沖縄県内外にて幅広く活動。
 藤原歌劇団正団員日本オペラ協会会員日本発声学会沖縄支部会員ジョイネス沖縄会員

小森輝彦(こもり てるひこ) バリトン

 17年のドイツ生活を終え日本人初のドイツ宮廷歌手の称号を得て帰国。
プラハ州立歌劇場「椿姫」ジェルモン役で欧州デビュ−ュー後は、ドイツ、テューリンゲン州のアルテンブルク・ゲラ市立歌劇場専属第一バリトンとして12年間活躍。同劇場では、リゴレットでデビュー後、ドン・ジョヴァンニ、オランダ人、ナブッコ、ヴォツェクなどのタイトルロールをはじめ、ありとあらゆるバリトンの役柄を演じ、その傍らザルツブルク音楽祭をはじめヨーロッパ各地に客演し、演じた役は70を超える。

正統派ドイツ・リートの担い手としてのコンサート活動も盛んに行い、常に本場ドイツの聴衆の強い支持を
受けてきた。「第九」や「さすらう若人の歌」、「ドイツ・レクイエム」、「カルミナ・ブラーナ」などのバリトンソロとして様々なオーケストラとの共演も多い。 近年では東京二期会『ローエングリン』テルラムント役、『こうもり』
アイゼンシュタイン役、『ダナエの愛』ユピテル、『フィガロの結婚』アルマヴィーヴァ伯爵、『ナクソス島のアリアドネ』音楽教師、日生劇場『リア』題名役、新国立劇場『沈黙』フェレイラ、神奈川県民ホール『金閣寺』溝口 等に出演、充実期を迎えた演奏に熱い期待が寄せられている。
東京藝大、同大学院、文化庁オペラ 研修所、ベルリン芸術大学で学ぶ。
五島記念文化財団オぺラ新人賞受賞。
二期会会員。東京音楽大学教授。



inserted by FC2 system